トーストを美味しく焼く方法 by 編集部


どこのご家庭にもあるオーブントースターを使って、いつもとワンランク違う美味しいトーストを焼く方法です。その方法はいたって簡単。3つのポイントを守るだけです。
 
3つのポイント
1 オーブンは先にスイッチをいれ、庫内を充分にあたためておく。
2 食パンの耳の内側に包丁で切り込みを入れる。切り込みは完全に下まで入れるが、パンの中央部が取れてしまわないように、内側の四隅を残す。

3 1200wで、2分ちょっと焼くが、最後はトースターの前にいて、焼き加減をずっと見守る。いい焼き加減になったところで、取り出す。
 
 
<解説>
トーストを美味しく焼く秘訣は、高温で素早く焼くこと。
外はカリっと中はもっちりが美味しい。
焼き時間が長くなると水分が抜けてパサパサになるが、切れ目を入れることで、水分が凝縮するように中に入り込み、中はもっちり、そして耳がカリッと焼ける。
焼き上がりの最後は、庫内の温度や状況で変わるので、時間ではなく、必ずオーブンから離れずに見守って焼き上げること。
なお、焼きあがったトーストを乗せるお皿も温めておくと、結露を防いでサクサクが持続する。
山形のパンの場合は、上部を焦がしがちなので、わりと温まりにくい、庫内の手前に山形部分がくるように入れるとよい。
 
いつものトーストがワンランクアップしますよ。お試しあれ。


<付記>
*食パンは5枚切りより厚いものを推奨。6枚切りだともっちり感がでにくい。
*切れ目はなるべく耳の縁、ぎりぎりにして、中央部を広くすること。
*包丁は使わず、指だけで裂け目を作ることも可能。