ダイスストーリー<第1回>

セールストーク by 夢野来人

「さあさ、皆さまお立ち会い。今度の携帯は機能満載でございます。マップなんぞは世界地図まで縮小可能な優れもの。もちろん、夜には電球代わりのライトもついており、防水機能も半端じゃない。噴水の中に落としたって、おまけに魚につつかれたって大丈夫。パスコードによるロックも二重三重の用心深さ。まるで、南京錠でもかかっているようだ。携帯が取り持つ愛なんてのもおつなもので、これが二人の架け橋となるのです。今どき木に登って、『おお、ジュリエット』なんて言うのはもう古い(笑)
何と言っても綺麗なのは、ボディに描かれている幾何学的な模様でございます。この美しい六角形の模様を手にして電話をする姿が、私にははっきりと思い浮かぶのです。もちろん、そうです。この携帯に似合う言葉は、ただ一つ。
『もしもし、カメよ、カメさんよ』」


お後がよろしいようでございます。




この作品は第1回ダイスストーリーのお題に基づいて創作されました。
9つのダイスを転がし、偶然出た9つのイラストをすべてつかって、ドリームライブラリ作家陣が作品を作り出します。