ジョーク/ちょっとおかしな 世界の童話と伝記 by 編集部 

パラレルワールドで発見された、少しおかしな世界の童話と伝記。
タイトルとあらすじをご紹介します
(良い子は下のリンクからちゃんとした童話を読んでね)


『あらいやんナイト』
ちょっぴりアダルトな千夜一夜物語。
第1話《シンドバッド夜の大冒険》
第2話《美女を探す魔法のじゅうたん》
第3話《アリババと40人の盗賊を誘惑する女》
まだまだ続きます。乞うご期待。



『トム、そういうやあの冒険』
「母さんあの帽子どうしたのでせうね」トムは思い出したのでした。「そういやあ、日本の高原でひと夏を過ごし、帽子をなくしていたのでしたよ」左手をあげて懸命に追いかけるもトムの麦わら帽子は谷に落ちていったのでした。
日本の推理小説や西条八十の詩にも影響を与えた不朽の名作です。



『レオタードだ、ピンチ!』
発明家のダビンチは変装が得意であった。なかでも女装は素晴らしく、特に胸の膨らみなどタンクトップを着てさえ本物にしか見えないほどの出来栄えだ。ある日、舞踏会に誘われたビンチは、自信満々に会場へ訪れたのだが、その会場に入るためには特殊なドレスコードがあったのだ。男性はネクタイ着用。女性も着なければならないものが決まっていた。それを見た瞬間、ビンチの顔は青ざめた。そのピッタリとした衣服とは?



『去るカニが千』
猿千匹とカニ千匹の戦い。一見撤退を思わせるかのようなカニ軍団の行動は、猿軍を罠へと誘う巧妙な作戦だったのだ。そらにそこへ臼が現れ、物語はクライマックスへ。



『牛は噛める』
源義経は幼いころ酪農場につとめていました。彼の仕事は大きな丸いチーズに枝の先を突き刺し、それを舐めて、中の熟成度合いをチェックすることでした。
しかしあるときチーズを狙う黒い影が背後に! 番犬でも飼っていれば悪者に噛みつかせ、退治ができたのでしょうが、酪農場にはおとなしい牛しかいませんでした。さあどうなる?



『家具屋姫』
頑固な家具職人の、倉庫の一角に置かれていたソファーの中から泣き声のようなものが聞こえてきた。解体してみると玉のような女の子の赤ちゃんが。女の子はすくすく育ち、立派なキャリアウーマンとなり経営感覚も備わってきた。そんな彼女から見て昔気質の父親はまどろっこしい。父と娘の微妙な距離感が生み出す感動の物語は、まだ終わりを迎えていない。



『一瞬帽子』
なんでも1回だけ願いが叶うという打ち出の小槌を鬼から奪い、勇敢でイケメンの一寸法師の体を大きくしようとした姫。しかし滑舌が悪く、「大きくなーれ。一寸法師」と言おうとしたところが「大きくなーれ。いっしゅんぼうし」と叫んでしまった。一寸法師は大人にはならず一瞬だけ帽子になった。




『うらやましい太郎』
類まれな美貌を持つ太郎は、その美への追求から常に携帯していた玉手箱にメイク道具一式が入っているほど。しかしそんな彼はKYであり、皮肉も込めて「うらやましい太郎」と呼ばれ世間からバカにされてもいた。見かねたウミガメが、やはり絶世の美女だがKYである乙姫と見合いをさせたところ意気投合。美男美女のカップルと、ますますうらやましがられたという物語。