ジョーク

眼鏡が逆さま    古井戸冗句【著】 

電車に乗っていた。
目の前に座っている人が、眼鏡を上下逆さまにかけているのに気がついた。
注意してあげたいのだが、人前で恥をかかせてはかわいそうかと、思い悩んでいた。
ふといいアイデアを思いついた。
鞄から、メモ用紙とペンを取り出して、「眼鏡が逆さまですよ」と書いて、こっそりとその人に見せた。
するとその人がいった。


「すいません。よく見えないんです。眼鏡を逆さまにかけているもので」